JC戦士タマシマン公式ブログ2007
岡山県倉敷市玉島のローカルヒーローJC戦士タマシマンの最新情報を紹介しています。
プロフィール

管理人

Author:管理人
JC戦士タマシマンは、
毎月第2、第4土曜日(再放送)、夕方6時より
玉島・船穂地区のケーブルテレビ
玉島テレビ放送にて 絶賛放送中!

また、タマシマンストリーミングサイトにて
http://www.tamashima.tv/tamashiman/
全話無料配信中! 今すぐアクセス!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
クランクアップ
本日11月23日、玉島の森で行われましたタマシマンの撮影には、ギャラリーの方を含めると約200人近くの方にご来場頂きました。
多くの皆様にお越し頂きまして、誠にありがとうございました。

大掛かりな撮影故、フォローの行き届かない点が多々あったことをお許し下さい。

皆様の多大なるご協力により本日の撮影を持って無事すべての撮影を終了することが出来ました。大変ありがとうございました。

公開へ向けて編集作業も最高のものを目指して取り組んで参ります。
どうぞ12月24日を楽しみにお待ち下さい。

スポンサーサイト
TOP
撮影便り
キャンプ場①先日藤波キャンプ場で行われた撮影では多くのエキストラの皆さんのご協力により、臨場感のあるシーンを撮影することが出来ました。

今回はちょっぴり撮影の様子をご紹介しましょう。

以下をクリック

[READ MORE...]
TOP
HappyBirthday!
昨日、一昨日と2日間にわたり阿部山に映画の撮影に行ってきました。

つい先日まで日中は汗ばむ程の陽気でしたが、今回の撮影ではようやく秋の気配を感じられる気候となりました。ジャマーズのタイツ一枚の衣装では肌寒いくらいです。
これからの季節、夏の暑さに苦しんだタマシマンとジャマーズの立場が逆転します。

バースデーケーキさて、昨日10月14日はジャマシマンの誕生日で、
(推定年齢10,039歳)
撮影の合間にささやかな誕生祝いが行われました。
画像はその時のバースデーケーキです。
ジャマシマンも思わぬプレゼントに感激していました。
セクシーポーズ
お礼の気持ちとばかりにジャマシマン、なぜかセクシーポーズを披露してくれました。
90年代のグラビアアイドル風です。(?)

ジャマシマンピンチというのは冗談で、実は今回の撮影でジャマシマンがタマシマン以外の新たな敵と遭遇して、うなだれていたシーンの時のひとコマです。

今回の映画ではタマ、ジャマ以外の第三勢力というべき悪の軍団が登場して三つ巴の戦いが繰り広げられます。

テレビシリーズとはケタ違いのスケールの劇場版タマシマンをどうぞお楽しみに。

TOP
クルージング
クルージング①映画公開に向け、現在着々と撮影が続けられています。
最近は毎回激しい戦闘シーンの撮影が中心で、出演者、スタッフ共ハードな撮影の日々が続いていましたが、
一昨日の撮影はいつもと違いほっと一息、船で沖に出ての撮影となりました。

続きは以下をクリック

[READ MORE...]
TOP
ポスター撮影
先日、倉敷芸術科学大学にてタマシマンの映画の宣伝ポスター用の写真撮影を行いました。

ポスター撮影①タマシマン他主要メンバーがスタジオにて次々と写真撮影を行いました。
集合写真ではなく、それぞれのキャラクターを一人づつ撮影していき、最終的に合成していくのだそうです。
人物を画像処理で切り抜く為、ブルーバックで撮影します。

ポスター撮影⑥但しスマシマンのみ、体が青い為、背景は白で撮影していました。

片ひざ立てて構えるスマシマン、相変わらずかっこいいです。
但し中に入ってくれているのは大学生のスタッフの方です。
ポーズ付けが中々決まらず、汗だくで頑張ってくれました。


ポスター撮影⑦ジャマシマンの他にも今回の映画で新たに登場する怪人らも撮影を行いましたが、そちらの画像はポスターが完成するまでのお楽しみということで・・・。
芸科大には様々なスキルを持った学生さんがいて、今回ポスターを製作していただく写真のカメラマンの彼はグラフィックデザインに精通しているそうで、どんなものが完成するか今から楽しみです。

ポスター撮影②いきなりネタばらししてしまいますが、今回タマシマンの衣装を着ているのは監督のN君です。
本人、以前からポスター撮影の時はタマシマンは自分が着たいと言っていたのでノリノリで撮影していました。
みんなヒーローに憧れるんですね。
ポスター撮影③
となりでタマシマン役のN君が決めポーズを指導するのですが、中々決まりません。
体型も本人より長身で細身の為、何だかきゃしゃな印象です。

ポスター撮影④決めポーズがどうも決まりません。
N君も頭を抱えています。
ヒーローになるには一朝一夕では難しいようです。


ポスター撮影⑤あれこれして行く内に徐々に様になってきました。
果たしてどんなポスターが完成するか、お楽しみに。




TOP
最終話撮影リポート その3
武者ジャマーさて、タマシマンも最終回ということで今迄登場したジャマ怪人が総出演、といきたい所でしたが、ベースとなるジャマーの衣装の数に限りがあり、残念ながら9体のみの登場となりました。
ちなみに今迄登場した怪人の数を数えてみると、なんと23体登場していました。よくぞこれだけ・・・我ながら呆れます。
ジャマダイコ
今回ジャマダイコを演じてくれたのは某新聞社の記者のFさん、取材の筈が・・
ミイラ取りになっちゃいました。
ま、いつもの事ですが・・・。
でもヒマシマンとの対決シーンでは大迫力の演技を見せてくれました。

ジャマンボジャマンボ~!
ノリノリでポーズをキメてくれたのは、ジャマー役を演じて以来何か吹っ切れたのか、新たな自分を開眼してしまった感のある、玉テレのMさんです。
キュッと突き出たヒップのラインが何とも・・・。

普段はとっても真面目な方なんですけど・・。

ジャマッキー今回ジャマッキーを演じてくれたのは、本業の傍ら地元で少林寺拳法の指導者をされているOさんです。
かなりの実力者と伺っています。
この後タマシマンとの対決シーンを紹介しますが、アクションシーンの迫力がまたすばらしいです。さすがっ!
でも普段のお仕事ははとっても堅いんです。

ジャミーゴ&キングジャマージャミーゴ&キングジャマーを演じてくれたのは、悪霊になった若者を演じてくれたH君とH君です。今回もお手伝いしていただきました。
二人とも思い出作りは出来たかな?
映画の撮影の方もよろしくね。

悪霊ジャマシマンさて、悪霊にとり付かれたジャマシマン、顔に悪霊のマークがついています。
こっちのほうがなんとなくかっこいいかも。
本来なら悪霊にとり付かれているので、言葉使いも違えても良いのですが、やっぱりジャマシマンはジャマシマンしか演じることは出来ないようです。

ヒマシマンタックルジャマダイコにヒマシマンタックル!




倒されたジャマダイコ体を張って派手にひっくり返るジャマダイコ。
もう一度言いますが彼の本業は新聞記者さんです。
今回でジャマダイコの出演も最後ということで太鼓の衣装も見事に破壊されてしまいました。作るの結構苦労したんですけど・・。

ジャマッキー①タマシマン対ジャマッキー、振り上げた足のラインがすばらしい・・。
動きが実に軽やかです。
流れるようなアクションも、何度もリハーサルをした成果です。


ジャマッキー②しかしタマシマン、現場で衣装をを着た状態でアクションのリハーサルを行ったのがたたり、遂に限界を超えてしまったようです。
これ以上この炎天下で撮影を続行するのは危険と判断、この時点でこの日の撮影は終了となりました。

タマシマンピンチここからは日を改めての撮影です。
しかし相変わらず暑いー!(ーー;)
この日キングジャマー、武者ジャマー、ジャミーゴを演じてくれたのは、全員玉テレの制作スタッフの方です。まさに総力戦です。

玉テレな人たち玉テレの皆さん大変お世話になりました。
みんないい顔してます。



タマシマンアタック今回の目玉、名付けてタマシマンアタックボールです。
100円ショップで売っていたビーチボールを改造して製作しました。
ラグビーボールに羽が生えたデザインは、ご存知●レンジャーハリケーンをモチーフにしているのは言うまでもありません。

タマシマンアタックジャマシマン目掛けて飛んでいくボール、
ルーカスもスピルバーグも絶対真似できない(真似しない)玉テレの技術の粋を集めた特撮技術です。
流れるように過ぎていく背景をどのように撮影したかというと・・・

空を撮る②カメラを三脚に固定して・・・

おもむろに振りかぶり・・・


空を撮る③えいっ・・。

カメラを三脚の上でグルグル回して、ひたすら空の景色を撮影していました。・・なんと言うハイテク!

最終決戦ボールが当たり見事悪霊は消え去り、遂にタマシマンとジャマシマンの対決のシーンとなりました。
勝負の行方は謎のままですが、互いに認め合う好敵手であったことは間違いありません。

視聴者の皆さんの中には納得いかない終わり方だったと思われる方もおられるかと思いますが、我々最後に改心したジャマシマンを見たいとも思わないし、タマシマンがジャマシマンを倒して平和が訪れたとしても、結局強いものが弱者を力で排除するだけという結末にはしたくなかったですし・・・

夕日シーン最後のシーンで、ジャマシマンは本当は悪人じゃ無かったのかもしれないといっていましたね。
ジャマシマンが私達に伝えようとしていたメッセージは何だったのでしょうか。皆さんも一緒に考えてみてください。


でも、ジャマシマンの事ですからそのうちきっと、

  「お前たち、ごちゃごちゃうるさい!」 

とか言って、再び我々の前に現れるかも知れません。

だからその時まで、

  「今日はこのくらいにしといてやるか!」 

TOP
最終話撮影リポート その2
今回のタマシマンは最終回ということでいろんな見所が満載でしたね。
対決シーンの他にもご紹介したいシーンが色々ありますので、今日はそちらからご紹介しましょう。

一ノ口水門番組冒頭に登場した「一の口水門」ですが、かつて備中松山藩と玉島港の間を物資を積んで往来した高瀬舟の通る、高瀬通しと呼ばれる水路に位置した閘門式の水門で、300m程下流の二の口水門と合わせて、水位を調節する事により舟の行き来を可能にしたそうです。
パナマ運河の完成する200年前に作られたとのことです。
資料館今回のストーリーとは直接関係ない話題でしたが、子供達にも地元の歴史について興味を持ってもらいたくて、敢えて番組の中に取り入れてみました。玉島の歴史については、番組内でも登場した「玉島歴史民族海洋資料館」にも展示されていますので、夏休みの自由研究に足を運んで見られてはどうでしょうか。
女の子①続いて番組では女の子が道に飛び出すシーンが登場しましたね。
体を張って熱演をしてくれたのはJCのメンバーのお子さんです。
いつも撮影にはお父さんについて来てくれている元気でかわいい子で、カメラに戸惑いながらも一生懸命演技してくれていました。

JCチェンジ!最終回にして遂にその正体を明かしたスマシマンことNくん、カメラをすり抜けて初の「JCチェ~ンジ!」を披露してくれました。
さりげない仕草がキマってます!
さらに子供達とふれあうスマシマン、何だかいつもよりスリムなような・・・。
スマシマンと子供達実は今回スマシマンを演じたのはスマシマン役のNくん本人で、
そのNくん、何とスマシマンのスーツを着るのは実は今回が初めてで、それまではメンバーのIさんがスマシマン役を演じてくれていました。

Iさんは最終決戦でも炎天下の中スマシマンを演じ、最後まで影武者としての任務を全うしてくれました。大変お世話になりました。
悪霊
写真は今回の敵役の悪霊です。ジャマシマンにとり付くシーンは、夜中の10時過ぎ、某バス停にて撮影しました。
この時間にこの姿を見てしまったら、ジャマシマンでなくてもビビります。はっきり言ってマジ怖いです。
夢の競演
そして今回のスペシャルゲストとして忘れてならないのがこのお方、ベージュのハンチングにヨレたジャケット、そして赤い豹柄のタイツといえば、かつてタマシマンが登場する以前、玉島で一世を風靡した(?)あの伝説の男、演歌唄男さんです。
ジャマシマンと演歌唄男実は彼、タマシマンとは非常に縁が深く、ある意味陰の最大の功労者の一人です。

満を持して最終回に登場することは至極自然な成り行きで、ご本人もジャマシマンとの夢の競演を楽しんでいるご様子でした。




・・それとここだけの話ですが、

タマシマンの後番組で来月から「続・演歌唄男」が放送予定です。(ウソ)

TOP
最終話撮影リポート その1
・・・はぁ~・・・、最終話の放送から既に1週間以上経ちました。
ついこの間の事の様にも思えますし、随分前のこと様にも感じられる、何だか複雑な心境です。

さて、遅くなりましたが、それでは最終話(第21話)の撮影の様子を紹介して行きましょう。

悪霊な若者たち写真の彼らが今回悪霊にとり付かれた市民を演じてくれた若者達です。
彼らは元々映画のタマシマンのエキストラに応募してくれたグループで、今回のテレビ版の為に(霊にとり付かれる)一般市民役をお願いしたところ、快諾していただき、ご覧のように自らフェイスペイントにも挑戦してくれました。
悪霊シーン①悪霊にとり付かれ、ゾンビのようにムクムクと起き上がるシーン、迫真の演技でしたね。
ちなみにこの撮影現場は、彼らの地元の玉島長尾の宮原公園です。
地元の人しか知らなそうなとってもマイナーな公園です。
悪霊シーン②所変わって、こちらは某スーパー、マルナカ玉島店内の携帯ショップです。以前ダマシマンがジャマをしに来た店ですね。またまたお世話になりました。
更に今回は、携帯ショップの男性店員の方にもご出演いただきました。
悪霊シーン③店内を悪霊と化した人達が駆け抜けます。
ちなみに写真の先頭を走るのが男性店員の方です。
毎度の事ですが、突然お願いしたにも関わらず、快くご出演、ご協力いただきありがとうございました。

悪霊シーン④こちらはショッピングセンター「トップス」店内の「モルフェナンバ」という時計宝石眼鏡店です。
例によって店員の皆さんにご出演いただきました。
営業時間中でお忙しいところありがとうございました。

悪霊シーン⑤写真を撮り忘れてしまいましたが、「靴のやまの」の社長の山野さんにも、台詞付きで大熱演していただきました。
ご自身のブログでも撮影の様子を紹介していただいています。
こちら」をご覧ください。

さて、次回はいよいよ灼熱地獄の中繰り広げられた、ジャマ怪人総出演による対決シーンをご紹介します。果たして何人が熱中症に倒れたのか!?お楽しみに。
 
TOP
撮影風景
今朝の玉島は台風一過で快晴に恵まれています。皆さんお住まいの地域はいかがですか。
今後台風の進路にお住まいの皆さんはくれぐれもお気をつけください。
秘密基地画像はJC秘密基地の様子です。
基地というよりどう見てもふつーのお宅ですが・・。
ちなみにお馴染みのこちらの場所は、「森本工務店」の「くらし体験館」です。
宿泊体験もできますので興味のある方はお問い合わせしてみてください。

それでは撮影の様子をいつものように別ウインドウでお届けします。

[READ MORE...]
TOP
第20話撮影
記念撮影先週土曜日、玉島中央公園にてタマシマン第20話の撮影が予定通り行われました。
今回はスペシャルゲストとして、先日ショーでも競演した笠岡JCのマスコットキャラクターちきゅうくんに出演していただきました。

また今回はY理事長始めとする笠岡JCのメンバー7名とそのご家族の皆様にもわざわざ玉島までお越し頂き、尚且つ怪人やジャマーズ、その他一般市民の役を演じていただき大変お世話になりました。

また、タマシマンの大ファンで是非番組に出たいと以前からお声かけ頂いていましたIさん、念願叶ってご出演いただきました。撮影シーン以外も雑用までお手伝いしていただいて大変恐縮でした。

また、タマシマンの熱烈な追っかけ(?)Sさん、Mさんとそのご家族の皆さん、笠岡のイベントまで来ていただいていたそうで感激です。
今回も一般市民役でご出演いただきましたが、毎度その演技力はアカデミー賞ものです。

その他にも市民の方に大勢出演していただきました。
皆さん大変お世話になりました。

放送は7月14日(土)です、どうぞお楽しみに!

TOP
亀山人
スポーツカー②番組冒頭にスポーツカーから颯爽と現れた青年、彼は一体誰でしょう。

理事長と何やら言葉を交わしていましたが、ひょっとすると今後の展開の鍵を握る人物なのでしょうか・・、或いは・・・。

地元の方なら彼の顔に見覚えのある方もいらっしゃると思いますが、
彼も、玉島JCのメンバーとして共に活動してくれているN君です。
次回以降の彼の行動、是非ぜひご注目ください。

Tシャツさて、番組中基地で二人が会話しているところに後から現れたタマシマンことNくん、着ているシャツの胸に書かれていた「亀山人」の文字にお気づきでしょうか。
元々このシーン、タマシマン役のN君の登場する予定は無かったのですが、本人がこのシャツを見せたいが為にわざわざ登場しました。
亀山人Tシャツに書かれた「亀山人」の文字、「かめせんにん」とは読みません。
沖縄のみやげ物で見かけるTシャツの「島人(しまんちゅ)」をモジって「かめやまんちゅ」と読むらしいです。


亀山とは、N君の地元の富田地区の山側のエリアを指す地名で(かなりローカルな話題で恐縮です)そこの青年団(貫誠会)が独自に作ったTシャツで、地元でこれを着ていると、ちょっと自慢できるそうです。

Nくん、個人的に地元のPRにちゃっかり番組を利用しています。これも主人公の特権か!?

TOP
ボウリング対決
ボウリングヒマシマンヒマシマン対ジャマシマン、今回はボウリングで直接対決しました。

最近ヒマシマンの活躍シーンが少ないという意見が多かったので、
今回はかっこいい(?)ヒマシマンを登場させようということなんですが・・。
スコア300点ヒマシマンのスコアは12連続ストライクの300点満点が表示されています。この時点でジャマシマンも一投残してパーフェクト、
ちょっとありえないんですけど・・・。(~_~;)
撮影用に従業員の方がせっせと入力してくださいました。

ジャマシマンカラオケちなみに対決の会場となったのは「ボウルエイト」という遊戯施設で、ボウリング以外にも、ダーツ、ビリヤード、カラオケ、ネットカフェを併設しています。
今回ジャマーを演じてくださったのは、当日ボウリングの親睦会をしていたK社の従業員の皆さんです。若いだけに動きが身軽です。
ご協力ありがとうございました。

ちなみに、ボウルエイトのカラオケには「♪おれはジャマシマンだ!」の曲はありませんので悪しからず。m(__)m

TOP
ジャマポワ
一昨日、39歳桑田投手が念願のメジャーデビューを果たしました。
彼の活躍は、同世代の私管理人を含め、多くの人々に夢や勇気を与えてくれました。
またゴルフ界ではハニカミ王子こと石川遼選手など若い選手の活躍が続き、話題となっていますね。
最近は年金問題や介護福祉に関する不正問題など暗いニュースが続きますが、スポーツの世界だけは、これからも私達に明るい話題を提供し続けて頂きたいと願うばかりです。

さて、今回はテニス界を代表する人気プレーヤーをパロった、ジャマポワを紹介しましょう。
ジャマシマンとジャマポワタマシマン第19話にして初の女性ジャマ怪人、というか初の女性キャラの登場です。
ジャマポワを演じてくれているのは、某会社にお勤めのW嬢であります。今回マスクで顔が隠れていますが、素顔はとてもチャーミングな彼女です。
彼女も、何も分らず撮影現場に連れて来られ、気が付けば出演させられていたという、よくある犠牲者の一人です。(^_^;)
ですが、新倉敷駅のシーンで見せた彼女のあの迫真の演技、

 「NO!Comment!」

私、あのセリフで一瞬にして彼女のファンになってしまいました・・・。
ある意味彼女のプロ(?)根性には脱帽です。(させる方もさせる方だけど・・・玉テレさん)

スマシマンvsジャマポワ肝心の彼女のテニスの腕前といえば、番組をご覧頂くとわかる通り見事な初心者ぶりで、悲しいかなまともなラリーが続きません。
苦肉の策で、編集で無理やりつなぎ、早送りなどでごまかしていますが、結果的にコミカルな動きが表現できてよかったのではないでしょうか。

今回の撮影、普段はムサいオヤジ連中でやっていますが、女の子がいるだけで現場が華やぎますね。
今後タマシマンに出演したいというあなた(♀)、ぜひご一報ください。お待ちしています。(^_^)/~





熱愛発覚!(おまけ)

 「熱愛発覚?!

   禁断のカップル!」



TOP
ジャマツザカ
タマシマン第19話はもうご覧いただけましたか?
タマシマンストリーミングサイト」にて絶賛配信中です!

さて、今回のストーリーはスポーツがテーマということで、今回登場した新怪人は、
日本人メジャーリーガーとして大活躍の某選手をパロってジャマツザカ(そのまんまですね)
そして人気絶頂、テニス界のスーパーヒロイン(?)ジャマポワが登場しました。

ジャマツザカジャマツザカ役を演じたKさんは、我が玉島JC野球部のエースで、野球とゴルフをこよなく愛する独身貴族です。現在花嫁募集中との事です。
ジャマツザカの役作りの際、一応本人のピッチングフォームを真似しているつもりです。雰囲気が伝わりましたでしょうか。
ちなみにユニフォームの文字は「RED SOX」ならぬ「JYA MAX」です。
バッターヒマシマン得意のジャイロボールならぬ、ジャマイロボールでヒマシマンを三球三振に仕留めました。さすがメジャー級!
ちなみにジャマツザカが登場した際バックに流れていた曲は、映画「メジャーリーグ」の挿入歌「ワイルドシング」をモチーフに作られた曲です。

バッタータマシマン③然しものジャマツザカもタマシマンの前ではあっさり打たれてしまいました。
タマシマン、何気に某イチ○ーの物まねをしています。(袖が無いですけど)
ジャマツザカは倒されてしまいましたが、本家の松坂選手には今後も是非とも頑張って活躍していただきたいと思います。

次回は初の女性ジャマ怪人、ジャマポワを紹介したいと思います。お楽しみに。

TOP
明日放送
スポーツカー①いよいよタマシマン第19話の放送が明日に迫ってきました。
今回も内容盛り沢山です。
写真は次回放送分のひとコマですが、かっこいいスポーツカーが登場しています。さて、どんなシーンになるのでしょうか。
新たな展開の予感?お楽しみに。

TOP
第19話撮影
以前お知らせしましたが、一昨日タマシマン第19話の撮影が行われました。

バッタータマシマン午後3時から6時にかけて玉島の森野球場にて屋外の撮影、
場所を移動して6時からボウルエイトにて屋内のシーンを撮影しました。
今回はお察しの通り、球技での対決です。
撮影の様子はまた後日ということでお楽しみに。

当日ボウルエイトのボーリング場では、K社の懇親ボーリング大会が行われており、撮影の際K社の社員の方にもジャマーズ役を演じていただきました。ご協力ありがとうございました。

カレーパンまた、熱烈なタマシマンファンの高校生の皆さんが撮影の応援に駆けつけてくれました。
さらにスマシマン、高校生君達からカレーパンの差し入れを頂きました。
「やっぱレモンよりカレーじゃの~!」  ご満悦です。

一部のシーンを除いて、撮影はほぼ一日で終了しました。

放送は6月9日(土)、皆さんどうぞお楽しみに。(*^_^*)

TOP
撮影リポートその4
スマシマンボートで去っていくスマシマン。
スマシマンはボートの免許は持っておらず、操縦しているのはオバタボートの従業員の方です。
スマシマンのマントに隠れるように体を小さく丸めて、窮屈な姿勢で操縦していただきました。大変お世話になりました。


TOP
撮影リポートその3
前回の放送でジャマッキーに指導を受けていたジャマーズ、少しはレベルアップしたのでしょうか?
船上で相対するタマシマンとジャマー、この後の展開を予想して、準備体操、ライフジャケット着用。タマシマン「準備はいいか!」飛び込み①
今回洋上対決の見せ場の一つである海へのダイブ、当然危険な行為ですので安全第一ということでライフジャケット着用にて行われましたが、今回唯一人海落ちしたジャマーを演じてくれたのは、メンバーのAさんです。

飛び込み②Aさん、なんと自ら海落ちを志願し、落ちてもすぐ自宅に帰って着替えられるように準備万端で挑みました。
ノリノリの本人は、異常なテンションでいよいよ海へのダイブ!
海に落ちる瞬間を逃さない為に船と陸から2台のカメラがスタンバイして、いよいよその瞬間がやってきました!
飛び込み③(ジャッポ~ン!)
「やられたじゃま~」
我々は水面でジタバタするジャマーズのリアクションを期待していたのですが・・・海に落ちたAさんの表情を見るや、・・・顔面蒼白(・。・;

・・・5月の海水は予想以上に冷たかったみたいです。

しかしAさんの体当たりの演技、作品作りに懸ける情熱には脱帽です。

まぁ、とにかく無事で何より、撮影とはいえ安全への配慮がもっと必要でしたね。
反省します。
(つづく)

TOP
撮影リポートその2(遅れてゴメンなさい)
タマシマン第18話が放送されて既に一週間が過ぎましたが、
おくれ馳せながら撮影裏話の続きをお届けしたいと思います。
ただ、撮影中に私のデジカメが故障した為まともな写真が撮れておらず、画像は番組内の物を使用させていただいております。ご了承下さい。

ジャマシマン釣り番組の冒頭のジャマシマンの釣りのシーン、写真のジャマシマンちょっと小柄に見えますが、実は本物のジャマシマンが撮影に遅れた為、急遽別の人に入ってもらって撮影しています。
タマシマンにも言える事ですが、キャストのスケジュールがどうしても合わないときは別の人に入ってもらってとりあえず撮影して、後で本人の声をあてるという事をたまにやっています。
よく見るといつもと違うというのが何度かありますので、間違い探しの感覚で過去の番組を見返してみるのもよろしいかと・・・。(~_~;)

人形劇番組前半に登場した源平合戦を紹介する人形は、玉テレをご覧なっている方はご存知かと思いますが、玉テレが月1(?)で放送しているオリジナル番組「人形劇メタボリック劇場」に登場しているお人形です。
源平水島合戦について子供たちにもより親しみやすく、分かり易く解説する為に、当初ナレーションで説明する予定だったものを急遽変更しました。
しかも差し替えたのが放送日の前日(!)
アナウンサーのSさん、Nさん、人形劇番組担当のSさん、お忙しいのに大変ご面倒お掛けしました。ありがとうございました。
そしてカメラマンNさん、いつもわがまま言ってすみません。
気持ちが空回りして衝突することも多いですが、それでも想いを受け止めてくださりいつも感謝しています。
船上対決さて、いよいよ今回の目玉であります船上バトルのシーンですが、

え~っと、続きは次回ということで!(・・っておいっ!)


TOP
第18話どうでした?
源平大橋タマシマン第18話ご覧いただけましたでしょうか?

玉島以外の皆さんもご覧いただけるように、ストリーミングサイトにアップしてもらえるように玉テレにお願いしていますので、もうしばらくお待ち下さいね。

それでは早速、撮影ウラ話などお届けしたいのですが、まだ見ていない方もいるので、とりあえず別ウインドウでお届けします。
既に見られた方は以下をクリックしてください。(見てないけど早く知りたいというせっかちさんも(~_~)

[READ MORE...]
TOP
撮影しゅうりょぉ~
今日も夕方からタマシマン第18話の撮影が行われました。
撮り残したシーンもすべて撮り終え、明日からようやく編集作業に移るようです。
撮影終了が放送日の3日前までずれ込むという非常事態・・・(*_*;)

更に今回のストーリー、凝った内容が災いして編集がひじょ~に大変そうです。
ちゃんと一本の話としてつながるかどうかちょっと不安です。

カメラマンNさん曰く「こりゃ~大手術になるでぇ・・・」

突然脈絡もなく場面転換したりするのはご愛嬌ということで・・・(いつもの事だしね)(^_^;)

無事完成すれば今週末5月12日にお届けできると思います。

果報は寝て待て?後3日!

TOP
第18話撮影
先日から延期となっていたタマシマン第18話の撮影が昨日ようやく行われました。
昼12時に集合して、終了したのがなんと日没後の夜7時過ぎ!((+_+))
実に7時間の長丁場となりました。スタッフ、出演者の皆さん本当にお疲れ様でした。

今までナイショでしたが、今回のタマシマン、未だかつて無い大スケール(?)でお届けします。(今までがショボ過ぎ?)
どんなにすごいかというと・・・当然見てのお楽しみです。

5月12日の放送をご期待ください!
(しかしまだ撮影シーン残ってるんだけど・・・間に合うかな!?)

TOP
祝!テレビ出演第2弾
本日の「ももっちのおかやま元気リポート」ご覧頂けましたでしょうか。
放送時間わずか3分程度の番組でしたが、取材をされていた番組制作会社の方は、一日かけてJCメンバーや、お茶会の参加者に精力的にインタビューされていました。

テレビ取材②画像は、番組冒頭に登場した変身シーンの撮影風景です。
余談ですが、画面に写っている取材用TVカメラ、玉テレでいつも使用しているそれよりもずいぶん立派です。
ちなみにこのカメラのお値段は?と尋ねると、聞いてびっくり!!

(・・・大きな声では言えませんが、これ一台でベンツのSクラス買えちゃいます!ひょぇ~っ!)


ニョッキン7にひき続き、タマシマンがテレビに紹介されたわけですが、
今後も機会があれば(できれば全国ネットで)タマシマンを紹介していただき、
魅力あるまち玉島を広く世間に知っていただくきっかけになれば思っています。


ちなみに昨年タマシマンがNHK-BSで全国に紹介されたことがあります。知ってました?
(詳しくは「こちら」)(番組の内容は「こちら」)

TOP
祝!ニョッキン7ご出演
ロケ風景ニョッキン7、みなさんご覧いただけましたでしょうか。
出番はホントに、あっという間でしたね。

ロケは4月5日に、おなじみハローズ前の公園で行われました。
OHK岡山放送のスタッフ総勢約10名での撮影となりました。
彦摩呂
ゲストはグルメリポーターでおなじみの彦摩呂さんです。
実は我々関係者も、ゲストのタレントさんは誰が来るか、当日現場に現れるまで全く知らされていませんでした。

ゲストがぶらり街を散策して、その場に偶然居た地元の人たちとのふれあいや、生の声を紹介するというのが番組のコンセプトである為、我々関係者ですら、どこでどんなロケをするか秘密が徹底されていました。
魚住アナいつも元気一杯の魚住アナ、
テレビで見るのと変わらずとても素敵な方でした。



魚住アナと理事長インタビューを受ける、我が玉島JCの理事長も、
魚住アナに見つめられてちょっとドキドキ(?)
いささか緊張気味です。


いいかげんにC①タマシマン第17話で突然登場したヒマシマンの必殺技「い~かげんにC~」は、実は今回のロケで彦摩呂さんから直々に伝授されたものだったんですね。

しかしレモンまるかじりとは、私はちょっと遠慮します・・・。(~_~;)
いいかげんにC②
い~かげんにC~!

絶妙のコンビです。是非もう一度共演してもらいたいものですね。

記念撮影最後に出演者と記念撮影。
魚住アナ、レモン片手に「ザ・テレビジョン」の表紙風?

あっというまのロケでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。
みなさんお疲れ様でした。

TOP
オープニング撮影その2
ヒマシマン岩①崖から颯爽と現れるヒマシマン。
今回のオープニング用に新たに撮り下ろしたカットです。
「ヒマシマンが岩を頭突きで割ったらかっこええんじゃねん?」
カメラマンNさんの何気ない一言によりヒマシマン、今回の撮影で最大の不幸に見舞われる事となりました。
ヒマシマン岩④
この辺りは粘土質の土が堆積されていて、一見岩に見える塊も実は土の塊で出来ていた為、手で比較的簡単に崩すことができました。
「大丈夫、大丈夫。」スタッフの心無い声にヒマシマンも渋々答えて、
おもむろに足元の一番大きな塊を持ち上げ、頭上から振り下ろすと、
ヒマシマン岩②ボガッ!

人工島に響く鈍い打撃音。予想に反して硬かった岩は割れることなく、ヒマシマンの首は岩の重みで10センチ程めり込み、そのまましゃがみ込みました。

不測の事態にスタッフに緊張が走った、
と思いきや、

あまりの笑撃に全員大爆笑!!

笑うタマシマンタマシマンもしゃがみ込んで笑いをこらえています。

非情なスタッフはその後も、「割れるまでやれーっ!」
結局OKが出るまでさらに5回ぐらい頭突きが繰り返されました。

ヒマシマン岩③OKシーンの写真ですが、実はこれ、最初から割れていた塊を手で合わせて持ち、さも頭で割ったかのように見せるようにして撮影しました。
オンエアを見る限りそんなに違和感はありませんね。
最初からそうすればよかったのにね。

出演者の陰の苦労を偲び、合掌・・。

TOP
オープニング撮影その1
タマシマントリオ今回の放送から新しくなったオープニングの映像はいかがでした?
タマシマン3人そろい踏みの勇姿が遂に登場しました。ポーズも決まってますね。
気のせいかタマシマンがいつもより細身で背も若干高いような気がしますが・・、とりあえずそれは置いといて・・・
スマシマン①
小高い丘に立つスマシマン、後ろに見えるのは玉島ハーバーアイランドのコンテナターミナルで、大型のクレーンも見えます。
ここは人工島の南端の、まだ造成していない盛土だけのエリアです。
スマシマン②荒涼とした大地にひとりたたずむスマシマン。絵になります。




スマシマン④まっすぐに延びる直線にすっくと立つスマシマン。
ここは人工島の西の端に位置する道路です。
普段は車の通りは皆無に等しいのこの道路、
邪魔な物は一切無く、まさにこの撮影のために用意されたセットのようです。
丘のタマシマン写真中央に小さく写るのはわれらが主人公タマシマンです。オープニングの最後のカットですが、実はこんなに遠くからズームで撮影しています。 「あそこにから出てきたらかっこええで!」
カメラマンNさんの一言で、ウエットスーツを着込んだタマシマンは一人汗だくになりながら山頂を目指しました。
タマシマン跳ぶ
幅2メートル、頭の高さ程ある掘りを決死の覚悟で跳び越えるタマシマン。
「気を付けてねぇ~。」
現場のスタッフは危ないからやめようとは誰も言いません。

あまりに過酷な撮影を強いられたタマシマン、実は普段演じているNくんが仕事の都合で来られなかった為、今回代役でHくんに入っていただきました。

Hくん、実は以前も一度タマシマン役を演じてもらったことがありまして、
それはジャマクラゲが登場した「第5話」で、桃の収穫の為来られなかったNくんに代わって、
真夏の沙美でタマシマンになってもらいました。
炎天下で約4時間ウエットスーツを着続けたHくん、その後3日間仕事が手に付かなかったそうです。

懲りずに頑張ってくれたHくん、お疲れ様。また次もよろしくね。(かっこよかったよ(^_^)v

過酷な撮影が続く今回のロケですが、実はさらに不幸にみまわれた方がいました。その人は・・・

次回に続く・・

TOP
撮影風景その3
スマシマン2さすらいのヒーロー(?)スマシマン。
何を想い、何の為に戦うのでしょう。今後の展開に期待しましょう。
ところでスマシマンが登場する際バックに流れる曲、ドラマチックなイントロに続き口笛を吹くようなメロディーを奏でますが、作曲者のFさん曰く、荒野のガンマンをイメージして作ったそうです。

タマシマンの魅力の一つが、オリジナル曲にこだわることではないかと思います。
この曲、スマシマンのイメージと見事にシンクロして、キャラクターの世界観を演出するのに一役買っています。毎回番組を制作する上で、音楽の持つ力に助けられている部分が多々ありますね。
ちなみに今回登場したジャマダンゴのテーマはあの大ヒット曲をフィーチャーしたのは言うまでもありません。Fさんいつもお世話になります。

幽体離脱①スマシマンに負けじと孤軍奮闘のヒマシマン、今回もお笑い路線で活躍してくれました。
ジャマんじゅうに潰されてぺちゃんこになるヒマシマン、
海外のアニメでよく登場するベタなギャグですが、インパクトはかなりあったのではないでしょうか。
幽体離脱②「ゆぅ~たいりだつぅ~~!」
ご存知、「ザ・たっち」のネタですが、(実は私よく知りません)
個人的には芸人のネタで笑いを取るのは邪道と思うのですが、
今回はビジュアル的に面白いのでOKということで・・。

ヒマシマンズちなみにこの等身大のパネル、実は昨年の玉島まつりのJCブースで展示していた物の使いまわしです。
メンバーのNさんが仕事で使っている業務用のプリンターで印刷したものです。印刷関係ではいつもお世話になります。

ダンゴ腹ダンゴの食べすぎでダンゴ腹になるヒマシマン。ベタベタですね・・。
脚本を担当したNくんが風船を見た瞬間思いついたオチですが、
これまた見た目で笑いを取ろうというミエミエな発想です。

しかし、いいかげん食べオチも飽きてきたような・・・。

今回の作品、中々好評らしく、面白かったという意見を多数頂いております。
撮影では茶道の先生やお寺の和尚さん、その他多くの方々にご協力いただき大変ありがとうございました。

この調子で次回もご期待ください。

ジャマシマンと奥様(おまけ)
円通寺の展望休憩所でお茶を飲むご婦人たちの会話に参加しているジャマシマン。カメラの回っていない時も常に愛想を振りまいていました。
普段はとってもフレンドリーな彼でした。

TOP
撮影風景その2
円通寺と港円通寺公園から港を見下ろすと正面に弓形の青い橋が見えます。
玉島と水島を結ぶ水玉ブリッジラインの玉島側の橋で、玉島大橋といいます。かつて玉島が海だった時代、この地が源氏と平氏の戦の舞台(源平水島合戦)となった事から源平大橋とも呼ばれています。

ジャマシマンと花見2撮影時(4/1)、咲き始めだった桜も現在は大部分が散ってしまいました。
今回撮影は桜の咲く4月1日と7日に分けて撮影されました。
当日は2日間ともあいにくの曇空でしたが、なんとか天気ももってくれて、桜をバックに戦うシーンを撮影することが出来ました。
ジャマシマンと花見
今回のタマシマンでは撮影当日たまたま居合わせた多くの花見客の皆さんにも番組に出演して頂きました。
タマシマンが玉島の人たちに大分認知していただいているせいか、急なお願いにもかかわらず皆さん快くご協力してくださいました。
いいかげんにシィ~②
スマシマン(投票の結果名前が決まりました。ありがとうございました。)の登場により出演の機会が減るのではないかと危機感をつのらせるヒマシマンは、今回新たに必殺技を登場させました。

いきなりレモンをかじり、腕でCの字を形作り、「いいかげんにシィ~!」と叫ぶと、何故かジャマーズがばたばたと倒れる意味不明の必殺技です。
いいかげんにシィ~①
実はこの技、先日出演したニョッキン7で、ゲストのタレントさんとのやりとりの中でヒマシマンの必殺技を考えようという話になり、その場のノリであみ出した技です。「いいかげんにシー!」のシーはビタミンCのシーだそうです。
詳しくは4月27日(金)放送の「ニョッキン7」をご覧ください。

以後次回!

TOP
撮影風景その1
タマシマン第17話、もうご覧頂けましたでしょうか。
現在「タマシマンストリーミングサイト」で絶賛配信中です!是非ご覧ください。

さて、今回登場した円通寺ですが、良寛さんが若い頃修行した地として知られ、古くから玉島の人々の憩いの場として親しまれている場所です。
今年玉島JCの新規事業として開催された「良寛ちびっ子お茶会」のPRを兼ねて、桜の咲き誇るこの時期、この地を戦いの舞台としてみました。

ジャマダンゴ3兄弟今回新たに登場した怪人は、おまんじゅうが変身した
「ジャマんじゅう」、さらに3体合体して「ジャマだんご(3兄弟)」でした。
ご覧のように巨大な風船に体をすっぽり入れて攻撃するというユニークな怪人、元々は玉島JCの新会員のメンバーらが「新会員研修会」の余興として披露したパフォーマンスです。詳しくは「こちら」。

当初は良寛さんが童と遊ぶ際に用いる手まりをモチーフにと考えていたのですが、
お茶会がテーマということでお茶菓子のおまんじゅうという設定になりました。
気のせいか最近食べ物キャラが多いですね~(~_~;)。

ジャマッキー&ジャマーズ第15話で登場したジャマッキーチェンがご好評?にお答えして再登場です。ジャマッキー役のTさん、得意の少林寺拳法は封印して今回は例のよっぱらいキャラに徹していただきました。

特訓中にジャマシマンが「頭を回せ」とか「手はパーだ」とかトンチンカンな事を言っていましたが、実はあのセリフはジャマシマンが現場で即興で考えたアドリブです。
これまで登場したジャマシマンの決めセリフの多くは本人がその場で考え出したもので、彼の笑いのセンスと頭の回転の速さにはいつも感心させられます。

テレビ取材①円通寺本堂前で二人の変身シーンの撮影です。よく見るとカメラが前後2台で撮影しています。
普段はカメラマンのNさんがカメラと三脚を一人で担いで撮影しているのですが・・

実はこの手前で撮影しているカメラマン、OHKの番組の取材で来ているカメラマンで、タマシマンを含めた玉島JCの活動を紹介する番組の制作の為、一日撮影に同行されていました。
この番組、OHK岡山放送で毎週木曜日午後9時54分~放送している、
ももっちのおかやま元気リポート」という番組で、放送は5月3日を予定しています。
4月27日放送の「ニョッキン7」に引き続き、タマシマンがマスコミで紹介されますのでこちらも是非お見逃し無く。

それでは撮影の様子は以後次回ということで。

TOP
撮影終了
昨日、3月10日放送の、タマシマン第16話の最後の撮影が行われました。

今回の撮影場所は一般の方が入れない敷地内での撮影の為、ブログでのご案内は控えさせていただきました。

さて、今回撮影したシーン、タマ、ヒマ、そしてジャマシマンらが出演したシーンだったのですが、
ストーリー上はそれほど重要なシーンではなかったはずなのですが、
そこはいつものノリで、台本に無い事やり放題!(~_~;)
ジャマシマンのワンマンショーになってしまったようです・・・。

ジャマシマンも、すべてやり尽くしたといったすがすがしい(?)表情で一言、

ジャマシマン「わしゃあ、こうゆうのがやりたかったんじゃ~!」


・・・ご期待下さい。
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。