JC戦士タマシマン公式ブログ2007
岡山県倉敷市玉島のローカルヒーローJC戦士タマシマンの最新情報を紹介しています。
プロフィール

管理人

Author:管理人
JC戦士タマシマンは、
毎月第2、第4土曜日(再放送)、夕方6時より
玉島・船穂地区のケーブルテレビ
玉島テレビ放送にて 絶賛放送中!

また、タマシマンストリーミングサイトにて
http://www.tamashima.tv/tamashiman/
全話無料配信中! 今すぐアクセス!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
スマシマン衣装の作り方
ポスター撮影⑥映画公開から一週間が経ち、興奮もようやく一段落といったところですが、皆さんに悲しい(?)お知らせがあります。
一年間に渡りお付き合い頂いた当ブログ「タマシマン公式ブログ2007」も12月31日をもって終了いたします。
ということで、わたくし管理人も今年いっぱいで遂に任期満了となります。(ToT)/~~

次年度以降は当面「こちら」のサイトでタマシマン関連の情報を提供する予定ですので、ブックマークをお願いします。http://www.optic.or.jp/tamashimajc/tama-movie/T-indx.htm

さて、前置きが長くなりましたが、当サイト、相変わらず語句検索で「ヒーロー」「衣装」「作り方」等でアクセスされる方が多いようですので、最後に秘蔵ネタ「スマシマンの衣装の作り方」を紹介していきたいと思います。
なお、これらも参考にしてみてください。
タマシマン衣装の作り方① 」
タマシマン衣装の作り方② 」
タマシマン衣装の作り方③ 」
タマシマン衣装の作り方④ 」
(以下をクリック)
 ↓
[READ MORE...]
スポンサーサイト
TOP
映画ボツネタ
テレビの放送も終了して、現在は毎週のように映画の撮影が行われています。

今日は映画のボツネタをひとつ、
以下の写真は今回の映画に登場する新キャラの為に製作した小物です。
相撲の横綱が土俵入りする際身につける綱をイメージしています。

金綱① 金綱③ 金綱④

金と銀の2対のキャラクターということで金銀2組製作しました。

銀綱① 銀綱③ 銀綱④


金綱②製作者の遊び心で後ろ姿のデザインをちょっと変えてみました。
ちなみにこちらは雲龍型、



銀綱②こちらは不知火型の結び方をイメージしています。

ところがキャラクターのイメージに合わないという理由でなんと2組ともボツになってしまいました、ガーン。(T_T)
製作するのは結構大変だったんですが・・・

せっかく作ったので何かのイベントなどの機会に新怪人として登場させようかとも考えているのですが・・・。

やっぱ相撲キャラですかね~、例えば朝青龍にかけてジャマ青龍とか。

それで最後は倒されて○ンゴルに帰っ・・(アヮヮ)(@ @;)


TOP
夏場の衣装
毎日梅雨とは思えぬ真夏を思わせる天気が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日の撮影も好天に恵まれ、スタッフ、出演者とも、玉の汗を浮かべながらの撮影となりました。
衣装①私管理人が小道具の管理をしている為、いつものように撮影が終わると使った衣装を持って帰るのですが、持っていくときは整理していても、帰りはいつもこの有様です。
汗をじっとり含んだ衣装を詰め込んだ箱は、持って帰って開けた瞬間、

・・・いや~ん!! 
な香りを放っています。

衣装②とはいっても、次回の撮影まで放置する訳にもいきません。
放っておくともっと悲惨な状況になりかねませんし、
次に使う人が気持ちよく演じられるように、持って帰ると直ちに洗濯することとなります。

衣装③ご近所の目に触れないように、家の裏側にまとめて干す訳ですが・・・、

・・ジャマシマンの柄パンはさすがに目立ってしまいます・・・。

梅雨時で洗濯物が溜まるこの時期ですが、文句も言わず洗濯してくれるヨメさん、
いつもアリガトウ。

TOP
牛乳パック
きれいなまちに「タマシマンとちきゅうくん夢のコラボショー」、ご覧いただけましたでしょうか。
「きれいなまちにしようやぁ~」という掛け声で締めくくられた今回のショーですが、どうやら笠岡の子供たちにもタマシマンの魅力を感じていただけたようです。
玉島に限らず、今後も様々な地域で活動して行き、タマシマンというキャラクターの魅力を最大限に活かし、微力ですが青少年の健全育成等に貢献できればと思います。

牛乳パック①さて、左の画像は今回のショーの小道具として使用された巨大な牛乳パックです。笠岡JCのメンバーの方がダンボールで製作されたものです。
笠岡湾干拓地「べいふぁ~む」の農場で採れた牛乳だそうです。
ジャマシマンもお気に入りのご様子でした。

牛乳パック②ご覧のようなコーヒー牛乳もあります。
ちなみに名前が「キリマンジャマンジェロコーヒー」(!)だそうです。
どうでもいいような細かいディティールにこだわって遊ぶのも、タマシマンの別の楽しみだったりします。いや~、分かってらっしゃる!

笠岡JCの小道具を製作された方、どなたか伺っていませんが、GoodJob!です。(^o^)/

TOP
ジャマバード
ジャマバードタマシマンの小道具を整理すると、たまに不思議なものが出てきます。
写真の黒い鳥のぬいぐるみは、記念すべきタマシマン「第1話」に登場・・するハズだった小道具で、ちなみに名前はジャマバードと言います。
当初ジャマシマンのペットという設定で、ジャマシマンの肩の上にいつも留まっているキャラクターとして描かれる予定でした。

この黒い鳥のぬいぐるみ、元々はオウムのぬいぐるみで、元は赤や黄色の派手な色をしていました。
第1話の撮影当日、ハローズ横の公園に現れるジャマシマンの肩に乗せる予定で、当日撮影現場で無理やり黒マジックで色を塗っていたのが思い出されます。

何とか撮影に間に合わすことの出来たこのジャマバード、スタッフがとりあえずジャマシマンの肩に乗せようとしたのですが、中々上手い具合に固定できません。

そこでジャマシマンが一言、「なんかうっとうしいけぇ、別に要るまぁ。」

ジャマシマンの一言によって、哀れジャマバード、カラスのように黒く塗り潰されただけで、結局お蔵入りとなってしまいました。

お蔵入りといえば、第1話に登場したジャマシマンの背中に飾りがあったのをご存知でしょうか?
通称デビルウィング、デビルマンの翼のようなデザインの羽根が背中に付く予定でしたが、

やはりジャマシマンが一言、「なんか付けるの面倒くせぇな。」

これまた結局お蔵入りとなりました。

番組内で1カットのみ、幻のジャマシマンの背中の羽根が登場しますので、探してみてください。

今回はかなりマニアックな話題でしたネ。(^_^)

TOP
マイナーチェンジ
タマシマン丘丘の上に立つタマシマントリオ、3人揃うとそれだけで絵になりますね。
さて、今日は乙島E地区の玉島ハーバーアイランド(人工島)にて撮影を行いました。
今回の撮影は本編の撮影ではなく、オープニング曲用の撮影です。

ブルーの登場に伴い、次回からオープニング曲の映像がマイナーチェンジします。
かっこいいシーンが続々登場すると思いますのでそちらもお楽しみに。

ブルーマントさて、マイナーチェンジといえば、左のブルーの写真、以前と比べて少し変わっているのにお気づきでしょうか。
前回初登場した時には無かったマントが新たに付きました。
前回の放送で後姿がスカートをはいているみたいという意見があったので、ならば後姿が隠れるようにと新たにマントを付けてみたのですが、
これがバッチグー!(古!)かなりいい感じに決まってると思いません?

ブルー①また以前の画像と比較すると分かると思いますが、
腰のパーツが青から黒に変わりました。
これにより上半身のボリュームに比べてきゃしゃに見えた下半身が引き締まった印象に変わり、オカマっぽさも払しょくできたのではないでしょうか。

このブルーのデザインの変更に関しまして次回本編では一切触れませんので、以前の物は忘れていただいて今後これがブルーのオフィシャルのスタイルということで・・・
以後よろしくお願いします。m(__)m

TOP
ポケベル
JCチェンジャー表写真はタマシマンの変身アイテム、名前をJCチェンジャーといいます。しかしスタッフは誰もこの名前を使わず、
通称「タマシマンが変身するやつ」とか呼んでいます。
第10話に初めて登場した際、博士と助手が内部のメカを組み立てているシーンが登場しましたね。
JCチェンジャー裏
裏返すと何やらメカが組み込まれているのがわかります。
実はこれ、使わなくなったポケベルをバラして組み込んだものです。
単4電池と小型のモーターなどが判りますでしょうか。

先日ニュースで、ドコモが3月いっぱいでポケベルのサービスを終了すると報道されました。
ポケベルといえば、かつて手軽な通信手段として多くの人たちに愛用されていましたが、携帯電話の普及に伴い、次第にその役割を終える事となりました。

今では携帯一つであらゆる事ができる時代となりました。
便利な反面、私たちの生活が携帯電話に支配されている気がして・・ちょっと複雑ですね。

TOP
時限爆弾
時限爆弾①これ、覚えてますか?
タマシマン第9話に登場した時限爆弾(じつは目覚まし時計)です。
実はこれ、今回ジャマ三段飾りの基本ボディーを製作したNさん
(ダンボール屋さん)がかつて製作したものです。

時限爆弾②ダイナマイト風の筒を束ねて何やらそれっぽいビニールコードも付いています。ちなみに時計部分はキッチンタイマーです。
現物をはじめて見た時、そのあまりのリアルな作りに皆感動していました。
撮影現場にうっかり置き忘れていたら警察沙汰になりかねませんネ。時限爆弾③
しかし、私が何より感動したのがこの専用のケース。
この時限爆弾を入れるためだけに作った特注品だそうです。
番組上ではこの箱、全く必要無いんですが、職業柄、箱を作らずにはいられなかったのでしょうか。全くその几帳面さには脱帽です。
小道具一つでも性格が出ますね~。

TOP
タマシマン衣装の作り方④
いよいよ本日3月10日、タマシマン第16話の放送日となりました。
今回は久々にジャマシマンの派手なパフォーマンスが見られそうです。
時間は午後6時15分頃から放送とのことです。

さて、しつこく続けております衣装作りですが、今回が一応最終回となります。
↓懲りずにお付き合い頂ける方、下をクリックしてください。もう飽きたという方はスルー?
[READ MORE...]
TOP
タマシマン衣装の作り方③
タマヒマタマシマンとヒマシマンの2ショット、
もうすぐここにブルーが加わります。
タマシマン第16話の放送がいよいよ今週末に迫ってきました。
現在編集作業も急ピッチで進められているようです。
お楽しみに。
さて、前回の頭部パーツに続いて今回は胸パーツ作りを紹介していきましょう。

↓興味のある方は下をクリックしてネ。
[READ MORE...]
TOP
タマシマン衣装の作り方②
デザイン画前回に続いて衣装作りの第2回目ですが、今回は頭部のパーツ作りについてご紹介します。
先ずはイメージするデザインをイラストにする作業から始めていきます。
二枚のデザイン画は良く見ると金と銀の色の組み合わせが逆です。
全体の色のバランスを確認して、右の組み合わせにしてみました。

↓続きはこちらをクリック!
[READ MORE...]
TOP
タマシマン衣装の作り方① 
タマシマン①タマシマン第16話の放送がいよいよ今週末に迫ってきました。
ブルーの登場に期待が膨らみますが、同時にタマシマンの影が今後ますます薄くなる可能性があります・・・。
負けるなタマシマン!主役は君だ!(たぶん・・・)

ということで、タマシマンの魅力再発見の意味を込めて、今更ですがタマシマンの衣装の作り方などを数回に分けて紹介していきたいと思います。

コスプレやローカルヒーローの製作を考えている方も参考にしてみてください。

↓下をクリック
[READ MORE...]
TOP
ブーツとグローブ
タマシマンブーツ写真の古びたブーツは、タマシマンが最初に履いていたブーツです。
タマシマンのパワーアップに伴い、以前に紹介した胸飾り同様、現在は使われる機会が無くなりました。
このブーツ、よく見ていただくと分かるように、オフロードバイク用のブーツです。
元々タマシマン役のN君の私物であったものを、スプレーで黒く塗装して使用しています。
よく見ると表面に立体的なロゴがあるのが判ります。

タマシマン旧デザインこのブーツ、厚底で見た目にもボリュームがあって、中々かっこいいとスタッフの間では好評だったのですが、実際に着用するタマシマンは、
「重くて動きにくい。」と不評でした。
両足で3㎏と結構な重量の為、激しいアクションには向かないようです。
靴底も硬い為、誤って蹴りがヒットすれば確実に怪我をします。
初期の映像を見てみると、振り上げる足がふらついていたりします。^^;
タマシマンをパワーアップする際、「頼むから軽い靴にしてくれ~。」とタマシマン本人が言う為、軽い作業靴を使用することになりました。

以前に比べると最近はアクションが軽快になっている気がしません?(そうでもない?)

グローブグローブも、以前のものはスキー用のグローブを使用していました。
当時はとりあえず身近にあるものを寄せ集めて、間に合わせで作っていたんですね。


今ではいずれもダンボールに押し込んでしまわれていますが、どれも愛着のある品なので処分することは出来そうもありませんね。

TOP
胸飾り
胸飾り①写真は、以前タマシマンが使用していた胸飾り(プロテクター?)です。
タマシマンがパワーアップしてからは登場する機会がなくなりましたが、このデザイン、今見てもかなりかっこいいデザインですよね。

この胸飾りのデザインを考えられたのは I さんという方で、放送開始当初、番組を制作する委員会の担当の責任者をされていました。

彼は根っからのアイデアマンで、現在放送されているタマシマンのお笑い路線の礎を築かれた、タマシマンの育ての親(生みの親は先日紹介したFさん)とでも言うべき存在です。
Fさんは4代目の生みの親、初代の生みの親は今年担当をされているAさん。詳しくはこちら

タマシマンのデザインも自ら工作用紙にハサミを用いて試作品を作る熱の入れようでした。

(試作品を作ったのを写真に撮る際に、自分がそれを着た姿をお義父さんに撮ってもらったというエピソードは、もはや伝説となっています。)

胸飾り②本邦初公開、胸飾りの裏面です。ご覧の通りかなりWildな仕上がりです。
胸当てはバスマット、肩あてにはクリアファイルを使用、それらを黒と金の布で包んで、後はビニールテープとホチキスでガシガシ固定です。
赤い帯は、当初マジックテープで固定していた物が外れ易かった為、後から取り付けた、たすき状のバンドです。
胸飾り③アップだとこんな感じです。(まさにやっつけ仕事(~_~;)
第1話の放送が目前に迫っているにもかかわらず衣装が完成せず、撮影日をずらしてようやく完成にこぎつけました。

今見るとかなりくたびれて、ちょっとカビ臭いのですが、
改めてみると、あの当時の「熱い」空気が蘇ってきますね。

TOP
タマシマンかるた
タマシマンカルタ①今回は新春ということでカルタ対決のシーンが登場しましたね。
そこで使われたこの「タマシマンかるた」は、この撮影の為だけにメンバーのAさんが製作した一品物です。
撮影当日の朝4時まで掛かって作ったというまさに入魂の作品です。
タマシマンカルタ②撮影用にもかかわらず、ご丁寧に50音すべて作っています。
50音の読み札を考えるだけでも大変そうですが・・・。
実際に手に取ると、赤い縁の加工や和紙を使った裏地など、芸の細かさ、その完成度の高さにはまったく呆れて感心してしまいます。
スタッフの間でも「欲しい~」「うちにも一つ作ってくれ」と取り合い状態です。

商品化はコスト面で難しいと思いますので、もし評判がよければデータをダウンロードできるようにしてみようかと只今検討中です。(^^)
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。